Excelで上と右にも目盛りを付ける(第2軸の利用)

たとえば、こういうデータをグラフ化すると(散布図を使用)

普通はこんなようになる。

これを以下のようにする技。

表のデータを追加

まず、ダミーのデータを付け加えます。(この例では3)
ダミーなので何でもいいですが、対数グラフをつくるなら0以外のほうがいいです。
データの説明(この例ではyy)も、何でもいいですから書いておきます。

グラフの作成

これでグラフを作成します。

グラフ種類は散布図

途中いろいろやって、グラフを完成させます。
(背景色とかいろいろ変えていますが、この辺は自由です。背景色が白くないとだめとかいうことはありません。)

右に目盛りをつける

ここで、ダミーデータの点(この例ではピンクの点)の上でダブルクリックすると、以下のようなウィンドウが開きます。

を選びます。

第2軸にマークをつけてOKを押します。

すると右にも軸が出来ます。

上に目盛りをつける

こんどはグラフの枠の中で右クリックしてメニューを出し、グラフのオプションを選びます。

すると、以下のようなウィンドウが開くので、を選びます。

第2軸のX軸にチェックを入れてOKを押します。

上に目盛りが出来ます

ダミーの点を消す

再びダミーの点の上でダブルクリックして、以下のようなウィンドウを開きます。
マーカーをなしにしてOKを押します。

するとダミーの点が消えます。

数字を消す

消したい数字の上でダブルクリックすると、以下のようなウィンドウが開きます。

目盛りラベルをなしにしてOKを押します。

数字が消えます

同様に右の数字の上でダブルクリックして、操作ウィンドウを開いて、数字を消します。

あとは必要に応じて軸の最大値、最小値などを変えます。
対数表示などにも出来ます。(上と下の軸を独立に二回変える必要があります。)