Excelでエラーバー付きグラフを作成する

まず散布図を書きます

マーカーの上で(どれでもいい)、右クリックしてメニューを出します。
データ系列の書式設定 を選択

縦方向のエラーバーを付けるときは Y誤差範囲を選びます。

1.一律にエラーバーを付ける

一律にエラーバーを付けるのは、全て同じ長さでエラーバーを付けるΔy=一定)、全て同じ割合でエラーバーを付ける(Δy/y=一定)などが選べます。
以下の例は同じ割合(パーセンテージ)を選んでいます。

OKを押すと、以下のようになります。

横方向のエラーバーもX誤差範囲を選べば付けることが出来ます。
以下の例では、固定値(0.5)で横方向のエラーバーを書いています。



2.個別にエラーバーを付ける

誤差の量がデータ点ごとに決まっている場合は以下のようにします。
以下の例は時間とx方向位置の関係で、xの大きい方向の誤差をx+の欄に、小さい方向の誤差をx-の欄に書いてあります。

マーカー上で右クリック→データ系列の書式設定 を選択。
Y誤差範囲を選択
メニュー画面で指定を選びます。
大きい方向の誤差を指定するために、以下のところをクリックします。

すると、こういうウィンドウが開きます。

誤差を指定している部分をドラッグして選びます。

データ系列の書式設定 customのウィンドウに値がセットされたら×を押してウィンドウを閉じます。

以下の欄に値がセットされます。

同じように小さい方向の誤差もセットします。

誤差のデータ列を選んで

値がセットされたことを確認して×を押します。

両方のエラーがセットされます。

OKを押すと個別のエラーバーがつきます。