輪郭データの作成

原画の作成

まず、原画を作ります。
こればかりは、コンピュータに頼らずに、手で書きましょう。

鉛筆で下絵を描いたら、ペンを入れます。(ふつうの極細ペンです。)

ペンを入れたら、丹念に消しゴムをかけて鉛筆線を消します。

(ペン入れの部分は、ペンタブレットを使うと言う手もありますが、ここでは普通のペンで描いて消しゴムと言う方法を紹介します。)

スキャナーで取り込み

GIMPを立ち上げて、ファイル→取り込み→TWAIN でスキャナーを起動します。
(この段階では300dpiぐらいでとって、あとで解像度を落とします。)

取り込んだファイルが回転しているならば、直します。
GIMPでは、画像のウィンドウが開いたら、その画像に対する加工は左上の三角形をクリックして開始します。

この段階では、微妙な濃淡がありますがそれをやめて、白黒二階調にするため、ポスター化を使います。

ポスター化レベルを 2 にすると二階調になり、中途半端なグレーは白くなります。

こんな感じです。


次へ